ブログ

B型肝炎給付金請求手続について

B型肝炎給付金請求手続とは?】

7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)に対して、病態に応じ国から50万〜3600万円等が支払われる制度です。

 給付の対象となる方の認定は、裁判所において、救済要件に合致するかどうか、証拠に基づき確認することになります。このため、この給付金を受け取るためには、国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起して、国との間で和解等を行う必要があります。

 当事務所では,B型肝炎での給付金請求についてお手伝いさせて頂きます。まずは,ご相談下さい(相談料無料)。

 

【期限】

給付申請期限が決められており、平成34年1月12日までに給付請求をする必要があります。

※ご相談頂いて直ぐには給付請求は出来ませんので,早めにご相談下さい。

※申請期限は平成29年1月12日までとされておりましたが,5年間延長されました。

 

【給付金等の支給を受けるための要件】

      

(1)一次感染者の場合、以下の全てを満たすこと

。揃心留螢Εぅ襯垢忙続感染していること

∨7歳になるまでに集団予防接種等を受けていること

集団予防接種等における注射器の連続使用があったこと

な貉甸鏡でないこと

イ修梁晶乎塚祝廟楴鐡以外の感染原因がないこと

 

(2)二次感染者の場合、以下の全てを満たすこと

仝狭陲諒貎討上記(1)を全て満たすこと

当該原告がB型肝炎ウイルスに持続感染していること

J貉甸鏡であること

 

【給付金受取りまでの流れ】

(1)無料相談

 弁護士が病状などをお聞き取りし,給付金を受け取れる可能性があるかを判断します。

(2)資料収集

給付金の請求に必要な資料(証拠)を収集していただきます。主に医療機関や行政機関の書類です。

(3)訴訟提起

そろえて頂いた資料に基づき弁護士が訴状を作成し,国を相手に損害賠償請求訴訟を起こします。

(4)和解協議手続

訴訟手続で、証拠を提出して集団予防接種の注射器の連続使用でB型肝炎に感染したことの確認作業が行われます。確認がされると和解を行います。

(5)給付金の請求手続

和解ができたら、その結果をもとに社会保険診療報酬支払基金に給付金を請求し、給付金を受け取ります。

 

執筆担当 弁護士野村一磨



ご相談・お問合せはこちらから

0586-43-3800

受付時間:平日AM9:00〜PM5:30 休日もご相談できる場合がございます。詳しくはお問合せ下さい。


ページトップ